鍼灸師土井琢磨

鍼灸師

2014年度入社

PROFILEプロフィール

大学を卒業後、某自動車販売会社に勤務し、2006年両国柔整鍼灸専門学校(現、了徳寺学園医療専門学校)を卒業、整骨院・治療院での勤務を経て2014年ワイズ入社し、脳梗塞リハビリセンター立ち上げ時から鍼灸師として勤務しています。古典鍼灸研究会(付脉学会)会員です。

INTERVIEWインタビュー

ワイズで働こうと思ったきっかけは?

自身の向上を求めて

ワイズ社員の紹介です。前回の治療院で同僚だったスタッフから声をかけられました。少し施術や今後のことで行き詰っていた時期で新たな環境を求めて入社しました。その時はまだ脳梗塞リハビリセンターはなく治療院での勤務でしたが、センターの発足時に声をかけて頂きました。脳卒中の治療の経験は僅かしかありませんでしたが、新たな経験を積め、自身の技術の向上に繋がると思いました。

ワイズってどんな会社ですか?

業界の異端児

自身の能力を十二分に発揮できる会社です。代表者が医療関係者、施術者ではない為、絶対的な施術を押し付けられることはなく、利用者様がよくなるなら様々な方法を試みることが出来ます。医療業界の常識や慣習に囚われない故、社員の企画や提案がそのままプロジェクトとして動いていくこともあります。医療業界でありながら常に利用者様目線で携わっています。

仕事をするうえで、大事にしていることはなんですか?

「気」を読む

利用者様をどれだけ改善に導けるかを考えています。それは単純に症状の改善を図るのではなく、いかに今日を元気に過ごせるか。明日も頑張っていこうという気になって貰えるかを考えています。病気にはメンタルが深く関わっており、気分が落ち込めば体調は悪くなり回復力は低下します。これは機械による数値には出ない部分であり、現代医学では無視されますが、東洋医学で「気持ち」、「気分」、「元気」の「気」は体を構成する非常に重要な要素となっています。利用者様一人一人、その日の内面の状態をも常に確認して、「気」の改善を図るようにしています。

休日の過ごし方

子供と家族

子供と遊ぶことが多いです。どこか遠くに行くことはあまりないですが、近所の公園で遊んだり、家族で買い物に行ったりなるべく休みの日は一緒にいるようにしています。もう少し大きくなり学校に通うようになれば、離れていきますので、大きくなってから小さいときに親と一緒に○○をしたと言える記憶を作っておきたく、○○に旅行したとか✕✕に遊びに行ったという経験をたくさん作る努力中です。

ワイズで働く人TOPへ

ENTRY応募はこちらから

新卒採用

- 募集職種 -
理学療法士 / 作業療法士 / 言語聴覚士 / 鍼灸師 / トレーナー
ENTRY

中途採用

- 募集職種 -
理学療法士 / 作業療法士 / 言語聴覚士 / 鍼灸師 / トレーナー
ENTRY

本社採用

- 募集職種 -
営業 / 店舗開発 / 経理 / 総務 / 人事
ENTRY